ページ: << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 30 >>

ピアノレッスン PART44~普段と違って、、、~

パーマリンク 2008/04/05 02:05:35 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

レッスンに行くと、先生がピアノコンクール関係のお手伝いでお休みだったため、別の先生がみてくださった。
お顔は知っていても、急に違う先生に無事レッスンを受けてくれるのかとても心配で、待合室で”お耳をダンボ”にして聴いていました。
楽しく、レッスンをしていたようで、、ほっ:oops:

今回は、ある意味とってもラッキーなレッスンだったような気がします。
1、違う先生にレッスンを受けるという体験。違う視点からみてもらえて、注意事項を教われた!
(ココだけの話ですが、教えてくださったのは、いつもの先生よりレッスン料の高い先生なのよ。)
2、普段は弾かせてもらえない、教室で一番良いピアノ(音も値段も)を弾かせてもらえた!
3、さらに、ちょうどピアノ教室見学にいらしていた知らない人の前で、おさらい会の曲など数曲を披露できた!

いつもしっかりレッスンをうけさせていただいていますが、今回はとても充実した30分でしたね:p

お花見しましたか?

パーマリンク 2008/04/01 20:29:35 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ:

久しぶりに桜の話題。
各地で満開ですね。
娘には、「桜は○○(娘の名前)の花だよ」と教え込んでいるので、
桜を見るたびにうれしそうです。

ブログには書かなかったけれど、桜のネタは結構あって、
相変わらず、桜を見ると何でも、買いたくなってしまいます。

お手軽に買って、楽しめたもの
↓↓↓

ペットボトルの緑茶って、相変わらず美味しくないですけどね:crazy:

ピアノレッスン PART43~カノン~

パーマリンク 2008/03/29 00:30:11 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

レッスンまでの宿題は、今までの穴埋めの曲を2曲。
そのうちの1曲がバイエルの60番だったのだけど、この曲は”カノン”(右手と左手のメロディの追いかけっこ)なのね。
曲の流れを理解してもらうのに大変でした。
わかって弾けるようになると、楽しいみたいです。;)

そういえば、先生が、「一応確認なんですが、、、」ときりだした内容は、
4月からも娘を教える担当は自分で良いか、ということと、レッスン曜日・時間の変更希望はないか、でした。

何の疑問も持たずに、4月からもこのままで~とのんびりしていた私には少々驚きでした。
教室に先生が複数いらっしゃる場合は、この先生が良さそうだ!と思ったら、代われるものなんですね~。まあ、考えてみたら、あたりまえか:crazy:

先生には、こちらの思う以上にしっかりみていただいているようですもの、来年度もよろしくお願い申し上げます。ですわね。

ピアノレッスン PART42

パーマリンク 2008/03/21 23:06:24 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

おさらい会の後は、お休みかと思っていましたが、こちらの都合が悪くない限りやっていただけるということで、「おさらい会の後、2日で(!)練習してね。」と先週から宿題も出ておりました。:))

しばらくは、バイエルの前のほうの、いままで何曲かとばして来た分を一気に片付けていくそうです。バイエルならではの良い曲もあったからね。

家の練習では、宿題曲が「むずかしい~」といいながらも、あっさりと両手で弾いたので、おさらい会のことも含め、”おおっ!成長してるじゃん:p”と感じられた週でした。

おさらい会

パーマリンク 2008/03/17 03:34:42 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: お料理・お菓子・お酒

娘のおさらい会は、あっけなく無事終了。。。

娘なりに緊張しているのはわかったんですが、あきらめて開き直ったのか?本番に強かったのか?何も考えていなかったのか??

始まる前に、希望者は簡単にリハーサルのようなものをさせてもらえるのですが、私や数人の先生、お友達のお母さんが「初めてだし、どこでお辞儀するとか確認のためにやっといたら」と勧めても、頑なに「ちゃんとやれるから(リハーサルは)やりたくない!!」と拒否88|
いやいや、この頑固さは誰に似たのやら、、、|-|
「本当に大丈夫ね?(私)」「うん(娘)」と、好きにさせることにしましたわよ。

学年の小さい順+進度で決められている演奏順、娘は6番目。
ほとんどの子が親とは離れて、楽屋で待機して演奏していくのね。
小さいけれどちゃんとしたホールだから、客席の家族は見えないのよ。
普段の練習も親は別室だけれど、けっこうすごいことだよね~~

今回は初めてだったので、一緒に楽屋で待機させてもらいました。
娘は「どっちでもいい(いてもいなくても)。」とそっけなかったけど;D
言葉少くなで、椅子に座って足をぶ~らぶら。まわりの子供達もみーんな、前後にすごい勢いでぶらぶらしているのは、なかなか笑える光景でした。緊張がほぐれるのかな?

前の子が弾いてるとき、袖からじっと見ていて、自分の順番になったら、振り返りもせずにさっさと出て行ったわよ。先生が椅子の高さ調節にかこつけて、ちょっと側にいってくれたのも、きっと心強かったんだと思うの。

練習中にムラのあったテンポも、速すぎもせず遅すぎもせず、淡々と弾いて、お辞儀も一旦手はお膝もしっかりこなしてもどってきました。。。。

初めてのピアノだから、どこが基本の”ド”か分かるんかいな~?とちょっと私はドキドキしてたのに、、、

う~、、、普通すぎてつまらん、、、、

でもね、何回も「今日どうだった?」ってきくのよ。
「きちんとできて、とっても上手だったよ。」って褒めると、満足そうに笑うのがかわいいね:oops:

<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 30 >>

2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

桜とあってもSAKURAの図鑑ではありませんが、さくらに関する物事やふと気になることを書いてます☆

検索

XMLフィード

16ブログ     CMS software