ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 30 >>

ピアノレッスンPART59~1日1曲?~

パーマリンク 2008/08/02 00:52:50 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

今週の宿題は曲数がとても多かった!

ぬあんと、、、8曲!

音階練習曲や先週からのバイエル宿題曲も含むのですが。
12~16小節の曲がほとんどとはいえ、曲想までつけて仕上げようと思ったら大変で~:crazy:

1日1曲以上仕上げなくてはいけない計算よね~。
練習時間も最低40分。
よくがんばったわ、、、(母も;)

ピアノレッスンPART58~速報~

パーマリンク 2008/08/01 00:21:10 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

ご報告~:D

グレードテスト、合格しました~:p
10月の演奏会出場権付きで!
 ↑
(認定者の中でも、成績が良くないと出場権が得られない。)

娘は10月の演奏会に出たがっていたので、ほっと一安心です:oops:

応援してくださった方々、どうもありがとうございました。

ピアノレッスンPART58~3拍子~

パーマリンク 2008/07/26 23:35:06 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

3拍子の曲を練習しています。
バイエルって意外と3拍子が多いな~と思います。
3拍子って、左手が軽いと、全体に軽く楽しく感じるよね~。

月曜日のテスト後からの練習だったので、なんとか両手でかたちにするところまでしかできませんでした。
だから、先生曰く、
「タッチが重くて、お餅をペッタンペッタンついているみたいね~。
もしくは、ゴキブリホイホイみたい~:pもっと軽く、弾いてきてね~。」

先生、うちの娘はゴキブリホイホイを見たことが無いので分からない思います:>>

でも「お餅ペッタン」は非常にうけたらしく、楽しそうでした。
もちろん、レッスン後はずいぶん軽~く弾くようになっていましたよ。

さっすが、先生~!!!いつもながら感動です:oops:

パーマリンク 2008/07/22 00:58:06 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

そう、そのグレードテストが昨日でした。

朝、行く前の練習でも間違えていて、とっても心配したけれど、、、、

結果、
結果は、2週間後に出ます。

そうでなくて~
初めて舞台で弾いたおさらい会は袖でつきそっていたけれど、
今回は、客席で聴いていました。

お、出てきた。

弾いてる~、あ、いつも間違えるところ上手くいった~、よかった~。
さあ、1曲無事終わる、、、、、って、あれ?

リピート無しなのに、リピートしてる~???88|
(正式にはリピート有の曲ですが、テストのときは無しで演奏)
やっぱり、かなり緊張しているようです:))

、、、もう1回リピートしたらどうしよう、、、終われるんかな??:>>

いやいや、心配もしたけど、おかしくってカメラ持つ手がふるえたわ~:))

もう1曲の自由曲は、上手に弾けてました;)

娘曰く、
「なんかさ~、間違えた気がして、分かるところから弾きなおしたつもりだったんだけど、リピートしてた~;」

間違えて、止まってしまう子もちらほらいる中、結構度胸があります。

まあ、立派なグランドピアノで、長く弾くことができてよかったじゃん。

だから結果は想像がつきません。
弾けてはいたけど、余分に弾いちゃったからね~。
でもま、不合格でも、ピアノを弾くことになんの影響もないからいいわよね:p

ピアノレッスンPART57~緊張~

パーマリンク 2008/07/21 22:57:53 著者: nokotan-mama メール
カテゴリ: ピアノのお稽古, 子育て

この間のレッスンは、グレードテスト直前ということで、
どの練習室も先生も生徒もピリピリしていました。

緊張感をだそうと、先生も他の先生をレッスン室に呼んで、いつもと違う雰囲気を出そうとされていました。
その効果有で、娘はそれなりに緊張して弾いたらしい:>>(単純;)

先生曰く、
「ちゃんと弾けているのですが、緊張するとたまに忘れるようなので心配だけど、ま、大丈夫でしょう~。」

おさらい会のときのように、緊張を上手く利用できたらいいね!
どうなるかな~?

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 30 >>

2017年10月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

桜とあってもSAKURAの図鑑ではありませんが、さくらに関する物事やふと気になることを書いてます☆

検索

XMLフィード

16ブログ     CMS software